京都府立医科大学 眼科学教室

総説 (2015年)

Nakamura T,Inatomi T, Sotozono C, Koizumi N, Kinoshita S.Ocular surface reconstruction using stem cell and tissue engineering. Prog Retin Eye Res. S1350-9462(15): 00050-6, 2015. (IF=9.897)
Suzuki T,TeramukaiS,Kinoshita S: Meibomian glands and ocular surface inflammation. Ocul Surf. 13:133-149, 2015.(IF=3.341)
Weiss JS, Møller HU, Aldave AJ, Seitz B, Bredrup C, Kivelä T, Munier FL, Rapuano CJ, Nischal KK, Kim EK, Sutphin J, Busin M, Labbé A, Kenyon KR, Kinoshita S, Lisch W: IC3D classification of corneal dystrophies—edition 2. Cornea. 4(2):117-59, 2015. (IF=2.042)
Kohanim S, Palioura S, Saeed HN, Akpek EK, Amescua G, Basu S, Blomquist PH, Bouchard CS, Dart JK, Gai X, Gomes JA, Gregory DG, Iyer G, Jacobs DS, Johnson AJ, Kinoshita S, Mantagos IS, Mehta JS, Perez VL, Pflugfelder SC, Sangwan VS, Sippel KC, Sotozono C, Srinivasan B, Tan DT, Tandon R, Tseng SC, Ueta M, Chodosh J: Stevens-Johnson Syndrome/Toxic Epidermal Necrolysis – A comprehensive review and guide to therapy. I. Systemic disease. Ocul Surf. in press doi: 10.1016/j.jtos.2015.10.002. Epub 2015 Nov 5. (IF=3.341)
外園千恵. 角膜感染症の治療におけるステロイドの扱い.眼科グラフィック:4(3) 297-301,2015.
森 和彦.レクトミーの達人を目指そう,Surgical skills トラベクレクトミー私のこだわり,眼科グラフィック 4(4): 326-333, 2015.
外園千恵. 特発性周辺部角膜潰瘍.別冊BIO Clinica慢性炎症と疾患『眼疾患と炎症』:4(3) 26-31,2015.
外園千恵. 重症多形滲出性紅斑の眼後遺症に対する新医療機器の臨床試験.Biophilia:4(2) 62-69,2015.
外園千恵. 重症多形滲出性紅斑の眼後遺症に対する輪部支持型ハードコンタクトレンズCS-100の臨床試験.日本評価43(別冊):203-205,2015.
小泉範子.サイトメガロウイルス角膜内皮炎.眼科 57(1): 9-13,2015.
田中 寛,横井則彦.NSAIDsによる角膜上皮障害.眼科 57(7):925-930, 2015.
鈴木 智.角膜フリクテン.細胞生物学から理解する前眼部疾患. 眼科 57(9): 1133-1137, 2015.
渡辺彰英.眼瞼下垂の過矯正と矯正不足への再手術.特集 眼科再手術.眼科 57(11):1355-1360, 2015.
稲富 勉. 糖尿病とオキュラーサーフェス:糖尿病角膜上皮症の病態と治療. 
眼科 57(12):1497-1503, 2015.
中村隆宏.角膜上皮移植の臨床成績.あたらしい眼科 31(1):69-76,2015.
小室 青.役に立つ角膜疾患診療の知識.ドライアイの診断のポイント.あたらしい眼科 32(1):3-8,2015.
横井則彦.ドライアイの治療方針:TFOT..あたらしい眼科 32(1):9-16,2015.
鈴木 智.MGD、マイボーム腺炎の診療エッセンス. あたらしい眼科32(1): 17-23, 2015.
外園千恵. 角膜感染症治療の基本方針.あたらしい眼科:32(1) 25-29, 2015.
東原尚代,稗田 牧.【役に立つ角膜疾患診療の知識】 円錐角膜,屈折矯正術後の不正乱視の治療 あたらしい眼科32(1): 39-45,2015.
小泉範子.角膜内皮炎の治療.あたらしい眼科 32(1): 47-51,2015.
上田真由美. 眼科におけるStevens-Johnson症候群の病型ならびに遺伝素因.あたらしい眼科32(1) :59-67, 2015.
森 和彦.特集 役に立つ角膜疾患診療の知識 角膜疾患関連緑内障への対処法.あたらしい眼科32(1):83-90,2015.
大内雅之. 電動インジェクターと創口負荷.眼内レンズセミナー. あたらしい眼科 32 (1): 97-98, 2015.
北澤耕司. 屈折矯正手術患者の薬剤耐性菌保菌. あたらしい眼科32(1):99-100, 2015.
稲富 勉. 結膜ムチンと粘膜バリアの重要性. あたらしい眼科 32(2):251-252, 2015.
鈴木 智.マイボーム腺機能不全(MGD)抗菌薬治療.新しい治療と検査シリーズ.あたらしい眼科 32(2): 253-254, 2015.
加藤弘明, 横井則彦.結膜上皮染色の意義.あたらしい眼科 32(3): 381-382, 2015.
渡辺彰英. 挙筋腱膜前転術. 特集 完璧マスター!眼瞼下垂. あたらしい眼科32(4): 475-480, 2015.
横井則彦. 眼表面からみた眼瞼下垂手術の術前・術後対策.あたらしい眼科 32(4):499-506,2015.
上田真由美. 結膜アレルギーの基礎知識. あたらしい眼科32(4): 519-520, 2015.
小泉範子.ウイルス編-1: CMV角膜内皮炎の診断基準.あたらしい眼科 32(5): 637-641,2015.
横井則彦,木下 茂. 杯細胞増加とムチン産生作用をもつムコスタ点眼液.あたらしい眼科 32(7):943-951, 2015.
中野正和,池田陽子. 緑内障セミナー:落屑症候群/落屑緑内障に関連する新規遺伝子. あたらしい眼科32(8):1147-1148,2015.
小室 青.屈折矯正的な水晶体手術の今.フェムトセカンドレーザー白内障手術.あたらしい眼科 32(9):1239-1244,2015.
大内雅之. 術前乱視への対応=術中乱視矯正.特集 屈折矯正的な水晶体手術の今. あたらしい眼科32 (9): 1251-1256, 2015.
北澤耕司. レーシック術後に角膜混濁の増悪を認めた顆粒状角膜ジストロフィ. あたらしい眼科32(10):1425-1426, 2015.
鈴木 智.マイボーム腺と霰粒腫の類似点.眼瞼・結膜セミナー.あたらしい眼科32(10): 1437-1438, 2015.
稲富 勉.眼表面疾患のマネージメント. あたらしい眼科 36(1):31-38, 2015.
星 最智, 外園千恵:MRSA,MRCNS感染症.臨床眼科:69(1) 18-23,2015.
小泉範子.培養角膜内皮細胞移植.臨床眼科 69(2): 129-135,2015.
脇舛 耕一, 稲富 勉. 最近の眼科手術顕微鏡とその効果的な使い方:角膜手術. 眼科手術28(2): 157-163, 2015.
古田 実,横井則彦.論点  眼科手術28(3):341,2015.
渡辺彰英.眼瞼裂傷および涙小管断裂.特集 手術を要する眼科救急疾患の初期対応. 眼科手術 28(3): 342-346, 2015.
永田健児. ぶどう膜炎眼に対する手術戦略. 活動性ぶどう膜炎に対する硝子体手術. 眼科手術28(4): 533-539. 2015.
加藤浩晃.総合診療医に対する眼科診療教育の取り組み, 治療97(9):1170 -1174, 2015.
Yamagishi T, Oshima Y. How RAP and PCV Can Affect the Management of AMD. Retinal Physician.Vol.4. 2015.
外園千恵,稲富 勉,中村隆宏,小泉範子,羽室淳爾,木下 茂.難治性角膜疾患に対する培養自家口腔粘膜上皮シート移植に関する臨床試験.日本臨床 73(5):447-451,2015.
永田真帆,外園千恵.第3章 各論 Ⅱ.角結膜腫瘍,D.異形成症,上皮内癌,扁平上皮癌.眼科臨床エキスパート 知っておきたい眼腫瘍診療(大島浩一・後藤浩編)252-258,医学書院,東京,2015.
稗田 牧.【眼科診療におけるレーザー関連機器の新展開】 角膜疾患におけるレーザー治療 日本レーザー医学会誌36(1):33-38,2015.
中村 葉,外園千恵.前眼部疾患(角膜・結膜疾患,感染症や先天異常を含む).特集 小児眼科診療のコツと注意点.Monthly book OCULISTA 28:23-29,2015.
張 佑子. ケアと患者指導に役立つ点眼薬マスターブック. 眼科ケア2015夏季増刊:191-193.2015.
脇舛耕一,稗田 牧.【屈折矯正手術基礎の基礎】 屈折矯正手術の原理,種類 IOL & RS 29(1):18-24,2015.
大内雅之. 多焦点トーリック眼内レンズ.特集トーリックIOLを検証する 出揃ったトーリック眼内レンズIOL&RS 29(2);201-206, 2015.
大内雅之. CALLISTO eye.トピック.スIOL&RS 29(3): 406-409, 2015.
北澤耕司. 感染症を含む合併症. IOL&RS 29(4): 505-507, 2015.
大内雅之. トーリック眼内レンズとLRI(輪部減張切開術). 特集;白内障術中乱視矯正.OCULISTA. 29: 71-78, 2015.
加藤弘明,横井則彦.急増するドライアイ.医学のあゆみ 253(2):155-158,2015.
横井則彦, 牛 夢茜.涙液層動態と画像診断 現状と課題. 日本の眼科 86(4):456-461,2015.
外園千恵. 細菌・真菌感染.日本の眼科:86(5) 579-582,2015.
田中 寛. 高齢者の流涙症. 治療97(9):1218-1221, 2015.
田中 寛. 小児で流涙をきたす疾患─先天鼻涙管閉塞を主に─. 治療97(9):1235-1238, 2015.
大槻陽平.いちから見直す眼の解剖(前眼部編).特集 総合診療医も出会うよくある眼科疾患を知ろう!(加藤浩晃、茂木恒俊編).治療97(9): 1239-1242, 東京:南山堂, 2015.
木村健一.再生医療の制度面においての現状と創薬研究への期待.国際医薬品情報.<通巻第1026号>:8-10, 東京:国際商業出版, 2015.