京都府立医科大学 眼科学教室

第24回京都眼科フォーラムのご案内

 

第24回京都眼科フォーラムのご案内

(生涯教育認定事業 No. 04504)
楽しみの夏のフォーラムがやってきました。数えるところ第24回、
フォーラムにもかなりの厚みがでてまいりました。今回は、『役に立つケーススタディー神経眼科 Q&A』と題して、
神経眼科が得意な方はもちろん、苦手な方にも、大いに学んでいただく機会を作らせていただきました。
神経眼科の中でも、今回の内容は、日常診療に役立ちそうで、かつ、診断・治療に難渋しやすいものばかりです。
今回の演者の先生方は、いずれの先生も、非常に臨床経験が豊富で、現在、神経眼科の分野で非常に活躍されている方々です。
Q&Aスタイルも3回目となりましたが、とにかく楽しく、アクティブな講演スタイルと、毎回好評ですので、
引き続きこのスタイルでお願いすることに致しました。神経眼科と言えば、ともすれば、神経内科や脳外科にまかせて
しまいがちですが、眼科からも積極的なアプローチができる分野です。今回のお話の中で、参加者の皆様の神経眼科の見方が
変わることを大いに期待しています。

 

日 時 : 平成16年7月3日(土)午後2時20分~5時50分
場 所 : ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)3F大会議室

〒604-0874 中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地

TEL: 075-222-1777

会 費 : 3,000円

2:20~2:30 「最新医学情報」

      テーマ 『役に立つケーススタディー神経眼科 Q&A』 

         座長   京都府立医科大学  教授  木下 茂  先生

2:30~3:30 「眼瞼下垂+α」

      札幌医科大学医学部 眼科学講座  講師  橋本 雅人 先生

3:30~4:30 「甲状腺眼症と甲状腺関連視神経症」

      井上眼科病院  院長  若倉 雅登 先生

         座長   京都大学  講師  桐生 純一 先生

4:50~5:50 「眼筋麻酔の診断と治療」

      近畿大学堺病院 眼科  教授  中尾 雄三 先生

閉会の辞   京都眼科医会  会長  弓削 経夫 先生

チャイルドケア・サービス

  • 無料、場所は会場横(第1会議室)です。対象は小学生高学年まで。
  • お申し込み、お問い合わせは、6月21日までに外園千恵まで
    お願い致します。 折り返しご案内致します。

    連絡先:京都府立医科大学眼科(075)251-5578

共 催: 関西眼疾患研究会
京都眼科医会
田辺製薬株式会社
世話人: 木下  茂(京都府立医科大学)

吉村 長久(京都大学)

初田 高明(バプテスト眼科クリニック)
千原 悦夫(京都眼科医会)
横井 則彦(京都府立医科大学)
桐生 純一(京都大学)