京都府立医科大学 眼科学教室

第28回京都眼科フォーラムのご案内

関西眼疾患研究会

京都眼科フォーラム

第28回京都眼科フォーラムのご案内

(生涯教育認定事業 No. 04504)
この夏のフォーラムでは、久しぶりにオキュラーサーフェスを取り上げました。メインには、ドライアイとアレルギー性結膜疾患が並びますが、さまざまな類縁疾患の味も楽しめることと思います。また、クリニカルにも、ベーシックにも味付けされていますので、飽きることなく、みなさまを満足させてくれることでしょう。楽しんでいただければ、オキュラーサーフェスの見方が大きく変わること請け合いです。
ドライアイにもアレルギーにも、最近、大きな動きが見られます。ドライアイでは、世界的な視野に立って、10年ぶりに定義や診断基準が改定されました。また、ドライアイが視機能にかかわる疾患であることが明らかにされ、病態生理もより明確になってきています。一方、アレルギーでは、新しい診療ガイドラインが示され、春季カタルにシクロスポリン点眼液が利用できるようになりました。ぜひ、今回のフォーラムで知識をリフレッシュして、明日からの診療に役立てていただきたいと思います。

 

日 時 : 平成18年7月15日(土)午後2時20分~5時50分
場 所 : ウェスティン都ホテル京都 3Fコスモスホール

〒605-0052京都市東山区三条けあげ

TEL: 075-771-7111

会 費 : 2,000円

2:20~2:30

   「最新医学情報」

テーマ 『診断・治療の新しい展開 ドライアイとその類縁疾患』
  座長 京都府立医科大学  教授 木下 茂 先生
2:30~3:30

   『リスクファクターから見たドライアイの考え方とその対策』

京都府立医科大学眼科学教室 助教授 横井 則彦 先生
3:30~4:30

   『診断・治療の新しい展開』

慶應義塾大学医学部 眼科 教授 坪田 一男 先生
  座長 京都大学  教授 吉村 長久 先生
4:50~5:50

   『涙液検査からみたアレルギー性結膜疾患の治療戦略』

日本大学医学部 眼科学教室 兼任講師 庄司  純 先生

閉会の辞   京都府眼科医会 会長 浅山 邦夫 先生

チャイルドケア・サービス

  • 無料、場所は会場近く(ゆりの間)です。対象は小学生高学年まで。
  • お申し込み、お問い合わせは、7月7日までに外園千恵まで
    お願い致します。 折り返しご案内致します。

    連絡先:京都府立医科大学眼科(075)251-5578

共 催: 関西眼疾患研究会
京都府眼科医会
参天製薬株式会社
世話人: 木下 茂 (京都府立医科大学)

吉村 長久(京都大学)

初田 高明(バプテスト眼科クリニック)

小玉 裕司(京都府眼科医会)

横井 則彦(京都府立医科大学)

喜多美穂里(京都大学)