京都府立医科大学 眼科学教室

【テンプレート】教室の紹介

教室の紹介

当教室では、角膜、緑内障、網膜硝子体、視機能、眼窩眼形成の5つのグループが軸となり、ドライアイ、アレルギー、円錐・コンタクト、ぶどう膜、神経眼科、ロービジョン、SJS(Stevens-Johnson症候群)といった多岐にわたる専門外来を構築してきました。最良の医療を患者に提供するには、良好な信頼関係にある医療チームであることが必須です。互いの尊敬と信頼に基づく安定した関係を基盤に、これらの専門外来をさらに充実させ、関連病院も含めた教室全体で最良の医療を実施していく所存です。

最良の医療をめざすと、さまざまな新規治療に取り組むことになります。新規治療を臨床研究あるいは臨床試験として実施し、患者様へ安全に届けることに関わりたいと考えます。また、コメディカルとも連携して、信頼される医療グループであることを目指します。

詳細を見る