京都府立医科大学 眼科学教室

生涯教育

 めざましく発展する医学を社会に還元するには、医師は常に最新の医学知識を習得してするとともに、変遷する社会通念にも周知せねばなりません。そのためには継続した医学教育が必要であり、教室では定期的に以下のセミナーを行っています。これらにより質の高い医療を供給が可能になると考えます。

医局セミナー

日 時 毎週水曜 午後6時-7時半
内 容 専門領域のUp dateな話題提供、症例検討、研究内容紹介など

関西眼疾患研究会講演会

日 時 水曜午後6時半-7時半 (1カ月に2-3回)
内 容 眼科領域のみならず、基礎医学や社会医学の領域も含めて広いジャンルの専門家を招待し、最新の知見について講演いただく

視覚再生フロンティア研究会

日 時 年2回の開催(5月、12月)
内 容 教育スタッフおよび大学院生が、視覚に関する各自の研究内容や成果について報告。

京都眼科フォーラム

対 象 眼科医
日 時 年2回の開催(1月、7月)
内 容 毎回定めたテーマについて、専門家を招いて講演いただく。毎回チャイルドケアあり。

KPUM眼科診療スキルアプセミナー

対 象 教室員
日 時 年2回の開催(5月、12月)
内 容 眼科手術および診療のスキルアップおよびトラブルシューティングに関する知識向上を目指して教室スタッフが講演。豊富な手術ビデオによる実技指導、感染症に関する講義に重点をおいている。

眼科診療アップデートセミナー
ほか各種セミナーあり