京都府立医科大学 眼科学教室

眼形成

 眼形成グループは、眼瞼、眼窩、涙道疾患に対し、手術治療を中心に日々の診療にあたっていますが、疾患の病態解明や新しい検査法、手術法についても日々探求しています。

 眼形成領域で症例数の多い疾患や高度な技術を要する疾患を重視し、研究の対象としています。これまで行ってきた、あるいは現在進行中の研究内容としては、眼窩骨折におけるインプラントの研究、耳介軟骨移植を用いた下眼瞼の機能的再建法の研究、涙道疾患に対するメニスコメトリーを用いた新しい検査法および定量的評価法の開発、涙道閉塞による視力低下の定量的測定法の開発、瞬目高速解析装置を用いた瞬目と眼瞼疾患・中枢神経疾患との関連の解明、手術顕微鏡下所見と組織学的変化からみる眼瞼下垂症の病態解明、涙道閉塞におけるリスクファクターの疫学的研究などがあります。以下に我々の研究内容の一部をご紹介します。

1.ハードコンタクトレンズ(HCL)の長期装用に伴う眼瞼下垂の病態解明

 HCL下垂は近年増加しており、これまで、ハードコンタクトレンズによる眼瞼下垂の原因として、コンタクトレンズを外す際に上眼瞼を強く引っ張ることで眼瞼挙筋腱膜が引き伸ばされるからであるとされてきましたが、我々は挙筋短縮術の際に得られる挙筋腱膜およびミュラー筋を病理組織学的に検討し、加齢による眼瞼下垂では挙筋腱膜とミュラー筋に脂肪変性を多く認めたのに対し、HCL下垂では脂肪変性はほとんどなく、ミュラー筋に著明な線維化を認めました。年齢をほぼ同程度にした比較においても、明らかにHCL下垂の組織はミュラー筋に線維が多く、このことから、HCLの長期装用に伴い、結膜側からのコンタクトレンズの刺激(特に強度近視の場合には厚いエッジによる刺激)が、徐々にミュラー筋の線維化を進行させ、ミュラー筋そのものの収縮力の低下、ミュラー筋と結膜、ミュラー筋と挙筋腱膜間の癒着による挙筋の収縮力の伝達低下を招くことが、眼瞼下垂の一因である可能性を示しました。(参考文献)。また、2008年のAmerican Academy of Ophthalmologyにおいて、コンタクトレンズ下垂の重症度と屈折度数は相関することを発表しました。


加齢性下垂の病理組織(63歳女性)


HCL下垂の病理組織(64歳女性)

 

 

2.メニスコメトリーを用いた涙道閉塞に対する手術前後の涙液の定量的評価

 これまで涙道閉塞の治療評価は、術後に通水を得られるかどうかのみでほぼなされてきました。つまり、涙道閉塞に対する治療を定量的に評価する手段はありませんでした。我々は、メニスコメトリーを用いて術前後の涙液メニスカスを測定し、チューブ留置術や涙嚢鼻腔吻合術による治療効果を定量的に評価しました。また、涙道閉塞の部位によりメニスカスの高さが明らかに異なることを定量的に示しました。


涙道閉塞の術前涙液メニスカス

術後涙液メニスカス

 

 

3.高速瞬目解析装置を用いた眼瞼下垂手術前後の自発性瞬目の変化

 瞬目には随意瞬目と不随意瞬目があります。自発性瞬目は不随意瞬目であり、まだまだ未解明のことが多い自発性瞬目の解析は、眼瞼機能や中枢神経機能の解明にも通じる可能性があります。我々は、高齢者は若年者より瞬目の回数が少なく、浅く、持続時間は短く、最大下降速度、最大上昇速度は遅くなる傾向がみられることを報告しました(2008年第62回日本臨床眼科学会)。また、眼瞼下垂症手術によって、高齢者の自発性瞬目おける開閉瞼速度の上昇、持続時間の延長が得られ、自発性瞬目は正常化の方向へ向かうことを報告しました(2009年第32回日本眼科手術学会)。また、現在は瞬目と中枢神経疾患の関係について検討しています。


瞬目・速度波形

参考文献

Watanabe A, Araki B, Noso K, Kakizaki H, Kinoshita S: Histopathology of blepharoptosis induced by prolonged hard contact lens wear. Am J Ophthalmol, 141(6)1092-1096, 2006

(文責:渡辺彰英)

研究

  1. 渡辺 彰英の研究